その他の疾患 others

その他の疾患

当院で診療することの多い病気について解説してみました。
受診の際にお読みください。

湿疹、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹

湿疹(アトピー性皮膚炎)は皮膚のかゆみを主症状とする皮膚疾患で、特にアトピー素因を持つ方の場合をアトピー性皮膚炎と呼びます。ステロイド外用剤や保湿剤の塗布で対応します。 蕁麻疹はアレルギー反応により皮膚が盛り上がるように膨らみ(膨疹)痒みを伴うものを言います。急性、慢性(1ヶ月異常続く場合)があり、いずれも抗ヒスタミン薬の内服で初期対応します。

湿疹、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹

帯状疱疹

体内に潜伏した水痘のウイルスが、体調が悪くなると、再度活性化して、皮膚に発疹を形成し、神経痛を引き起こします。症状を確認し、皮膚の状態を見ればほとんど診断がつきます。治療は抗ウイルス薬の内服と鎮痛剤の併用です。早く診断すれば2週間前後で症状は改善します。高齢の方では治ったあとも神経痛が数ヶ月以上続くことがあります。

湿疹、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹

腎尿管結石

腎臓、尿管に結石と呼ばれる石ができて、その石が動くことにより激しい痛みや血尿が出ます。尿検査、腹部エコー、腹部CTで診断します。治療は痛みについては坐薬などの痛み止めで対応します。結石は自然に尿から排泄されることもありますが、結石が尿管に詰まって尿の流れをせき止め水腎症と呼ばれる状態になった時や、結石の大きさが10mm以上ある場合は泌尿器科専門医の受診が必要です。

膀胱炎

頻尿、排尿時痛、残尿感、尿の濁り、血尿などが見られます。細菌感染によるものがほとんどです。尿検査でほぼ診断がつき、治療は抗菌薬の内服です。

膀胱炎

前立腺肥大症

男性が年をとると徐々に前立腺が大きくなります。一定以上に大きくなると尿の出が悪い、勢いがない、夜間頻尿、尿意切迫感などの前立腺肥大の症状がでます。まずは内服治療の適応になります。最近は前立腺肥大の薬もいろいろなものができており、組み合わせて使います。それでも尿閉(尿が全くでない状態)が起こる場合は手術が必要になります。

花粉症

代表的的なものは春先のスギ花粉症です。ヨモギ、ブタクサ、ヒノキなどその他にも各種ありますが、鼻水、くしゃみ、目の痒みが主な症状です。抗ヒスタミン薬の内服、点鼻薬、点眼薬で治療します。スギ花粉症に関しては舌下免疫療法という治療もできるようになりました。

花粉症

Information

※2018年1月「大東外科医院」は「川越大東医院」へと名称変更いたしました。

埼玉県川越市南大塚2-10-2 
TEL 049-243-3345

当院へのアクセス
午前 ●/ ●/
午後

午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:00

休診:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日 
★:整形外科
※受付時間は診療時間の終了15分前までです
※特に整形外科をご希望の方は、火・金曜日の午前にお越しください
※受付時間は診療時間の終了15分前までです。