がん検診を受けましょう

2020.02.03

がんは死亡原因の1位です。

心筋梗塞や脳卒中は高血圧、糖尿病、高脂血症などの治療により動脈硬化を防ぐことで、予防が可能ですが、がんは基本的に予防ができません。がんにならないためには、禁煙、節酒などが重要ですが、まず早期発見、早期治療が原則です。

男女別の発生頻度2014年度国立がん研究センター統計

 

1位

2位

3位

4位

5位

男性

大腸

前立腺

肝臓

女性

乳房

大腸

子宮

男女計

大腸

乳房

前立腺

当院でできるがん検診

市のがん検診 大腸と前立腺 (便潜血の検査と血液PSA検査で簡単にできます。)

 肺がんが心配な方はまず年一回胸部のレントゲンを撮りましょう。

胃がんが心配な方は、市の胃がん検診機関でお受けください。

なお当院では胃がんの発症危険度を調べるABC検診を行っています。(血液検査で簡単にできます。保険外診療4000円です。)

肝臓がんはウイルス肝炎からの発症が主な原因です。まず肝炎ウイルス検診を受けてください。一回受けて異常なければ、その後の検診は不要です。当院でも実施しています。

腹部エコー検査で肝臓、胆のう、膵臓、腎臓のがんが見つかることがあります。腹部エコー検査も1-2年に一回はお受けいただくことをお勧めいたします。

乳がん、子宮がんは市の乳がん子宮がん検診機関でお受けください。

詳しくは受付、看護師におたずねください。